コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニンゲン岩 カニンゲンがんkenningite

岩石学辞典の解説

カニンゲン岩

橄欖(かんらん)石玄武岩の優白質のもので,灰長岩の噴出型と考えられる.岩石ラブラドライト(73%),オージャイト,蛇紋石化した橄欖石,および副成分として鉄鉱物と少量の再結晶化したガラスらしい粒間物質がある.岩石は熔岩流岩脈と連結する支脈(dike-feeder)として産出し,インターグラニュラー組織を持ち岩脈の中心に向かうにしたがって斑状組織となる[Eckermann : 1938].スウェーデン,ロド(Rödö)群島のカニンゲン(Känningen)島に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android