コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロド Rodo, Édouard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロド
Rodo, Édouard

[生]1857.3.29. ニヨン
[没]1910.1.29. グラース
スイスの小説家,比較文学者。ジュネーブ大学教授。初めゾラの弟子として自然主義小説を発表,やがて高度に内省的な作風を確立。代表作『死への道』 La Course à la mort (1885) ,『生命の意味』 Le Sens de la vie (1889) ,『ミシェル・テシエの私生活』 La Vie privée de Michel Teissier (1893) 。ほかに『比較文学について』 De la littérature comparée (1886) や作家論など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ロド

ウルグアイの作家,思想家。首都モンテビデオに生まれる。1895年《文学および社会科学国民誌》の編集に携わった。編集局はラテン・アメリカの文化活動の中心的存在であり,ロド自身同誌に多くの論文を書いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロド【José Enrique Rodó】

1871‐1917
ウルグアイモデルニスモ散文作家,思想家。大学教授,国立図書館長,代議士を歴任した。主著アリエル》(1900)は,ラテン・アメリカの若い知識人に捧げられた警世の書。当時,米西戦争(1895‐98)によってスペインの植民地体制が崩壊し,代わって〈北の巨人アメリカ合衆国が進出する気配を示していた。だがロドの見る〈北の巨人〉は,物質文明功利主義に彩られた国であり,一方ラテン・アメリカは地中海文明にルーツをもつ精神文化と芸術美にあふれた国である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロドの言及

【モデルニスモ】より

…とりわけ,マルティを継承したニカラグアのR.ダリオによってモデルニスモは完成の域に達し,従来スペイン文学の模倣にすぎなかったラテン・アメリカ文学は自立した近代文学になるとともに,19世紀末にはスペインに逆輸出されて,のちにノーベル文学賞を受賞した詩人J.R.ヒメネスらに影響を与えた。モデルニスモは詩の分野の刷新運動ではあったが,ダリオの《青》の一部やJ.E.ロドの《アリエル》に示されるように,散文の領域でもすぐれた作品を生んでいる。【神代 修】。…

※「ロド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロドの関連キーワードモーツァルト:3台のピアノのための協奏曲 ヘ長調「ロードローン」(第7番)/piano and orchestra(concerto)ロドリーゴ:早起き鶏への前奏曲/piano soloロドリゴ(Joaquín Rodrigo)アレサンドリ・ロドリゲス ホルヘノヴゴロドの文化財とその周辺地区フセヴォロド ヴィシネフスキーベルゴロドドニエストロフスキー聖ソフィア大聖堂[ノブゴロド]ゴーリキー(ロシア連邦)ヘロドアティクス音楽堂アレックス・ロドリゲスジャパントラックカップベリーキーノブゴロドアランフェス協奏曲アルゴナウタイ伝説スタールイオスコルイバン・ロドリゲス退化アルカリ土ハゲサンドロスカニンゲン岩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロドの関連情報