コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロド ロド Rodo, Édouard

3件 の用語解説(ロドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロド
ロド
Rodo, Édouard

[生]1857.3.29. ニヨン
[没]1910.1.29. グラース
スイスの小説家,比較文学者。ジュネーブ大学教授。初めゾラの弟子として自然主義小説を発表,やがて高度に内省的な作風を確立。代表作『死への道』 La Course à la mort (1885) ,『生命の意味』 Le Sens de la vie (1889) ,『ミシェル・テシエの私生活』 La Vie privée de Michel Teissier (1893) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロド

ウルグアイの作家,思想家。首都モンテビデオ生まれる。1895年《文学および社会科学国民誌》の編集に携わった。編集局はラテン・アメリカの文化活動の中心的存在であり,ロド自身同誌に多くの論文を書いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ロド【José Enrique Rodó】

1871‐1917
ウルグアイモデルニスモ散文作家,思想家。大学教授,国立図書館長代議士を歴任した。主著《アリエル》(1900)は,ラテン・アメリカの若い知識人に捧げられた警世の書。当時,米西戦争(1895‐98)によってスペインの植民地体制が崩壊し,代わって〈北の巨人〉アメリカ合衆国が進出する気配を示していた。だがロドの見る〈北の巨人〉は,物質文明功利主義に彩られた国であり,一方ラテン・アメリカは地中海文明にルーツをもつ精神文化と芸術美にあふれた国である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロドの言及

【モデルニスモ】より

…とりわけ,マルティを継承したニカラグアのR.ダリオによってモデルニスモは完成の域に達し,従来スペイン文学の模倣にすぎなかったラテン・アメリカ文学は自立した近代文学になるとともに,19世紀末にはスペインに逆輸出されて,のちにノーベル文学賞を受賞した詩人J.R.ヒメネスらに影響を与えた。モデルニスモは詩の分野の刷新運動ではあったが,ダリオの《青》の一部やJ.E.ロドの《アリエル》に示されるように,散文の領域でもすぐれた作品を生んでいる。【神代 修】。…

※「ロド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロドの関連キーワードフィレンツェ方言フィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭フィレンツェ人文主義フィレンツェ洗礼堂フィレンツェ・モザイクフィレンツェ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロドの関連情報