カネンディユ県(読み)カネンディユ(英語表記)Canendiyú

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カネンディユ〔県〕
カネンディユ
Canendiyú

パラグアイ,東部地方 (パラグアイ川以東) 東部の県。県都サルトデルグアイラ。北と東はブラジルと国境を接し,パラナ川が東の国境をなすが,同川は世界最大のイタイプ水力発電所の建設により,広大な人造湖を形成する。ブラジル高原の西縁にあたる森林におおわれた丘陵地帯にあり,県のほぼ中央がパラグアイ,パラナ両川の分水界となっている。主産業は林業とマテ茶 (パラグアイ茶) の栽培。 1973年,それまでのカーグアス県アルトパラナ県の各北部をもって新設された。面積1万 4667km2。人口 12万 800 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android