コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネンディユ県 カネンディユCanendiyú

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カネンディユ〔県〕
カネンディユ
Canendiyú

パラグアイ,東部地方 (パラグアイ川以東) 東部の県。県都サルトデルグアイラ。北と東はブラジルと国境を接し,パラナ川が東の国境をなすが,同川は世界最大のイタイプ水力発電所の建設により,広大な人造湖を形成する。ブラジル高原の西縁にあたる森林におおわれた丘陵地帯にあり,県のほぼ中央がパラグアイ,パラナ両川の分水界となっている。主産業は林業とマテ茶 (パラグアイ茶) の栽培。 1973年,それまでのカーグアス県アルトパラナ県の各北部をもって新設された。面積1万 4667km2。人口 12万 800 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カネンディユ県の関連キーワードパラグアイ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android