コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノプス カノプス Canopus; Canobus

1件 の用語解説(カノプスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノプス
カノプス
Canopus; Canobus

アレクサンドリアの北東 27kmにあった古代エジプトの貿易都市。ナイルデルタ中にあり,ラムセス2世の名のある大きな記念碑やヘレニズム時代のセラピス神殿跡が発掘されている。ここで崇拝されたオシリス神は,人間の頭の形をした容器の形で表わされていたことから,人間や動物の頭の形をしたふたをもつ内臓壺を「カノプス壺」と呼ぶようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カノプスの関連キーワードアレクサンドリア学派アレクサンドリア教校アレクサンドリア図書館アレクサンドリア文庫アレクサンドリアの大灯台アレクサンドリア(クラブ)アレクサンドリア・アド・カウカスムアレクサンドリア詩《アレクサンドリア四重奏》エウクレイデス(アレクサンドリアの)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone