コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノプス Canopus; Canobus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノプス
Canopus; Canobus

アレクサンドリアの北東 27kmにあった古代エジプトの貿易都市。ナイルデルタ中にあり,ラムセス2世の名のある大きな記念碑やヘレニズム時代のセラピス神殿跡が発掘されている。ここで崇拝されたオシリス神は,人間の頭の形をした容器の形で表わされていたことから,人間や動物の頭の形をしたふたをもつ内臓壺を「カノプス壺」と呼ぶようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カノプスの関連キーワードハドリアヌス帝のビラアレクサンドリアナウクラティス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android