カノプス(英語表記)Canopus; Canobus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノプス
Canopus; Canobus

アレクサンドリアの北東 27kmにあった古代エジプトの貿易都市。ナイルデルタ中にあり,ラムセス2世の名のある大きな記念碑やヘレニズム時代のセラピス神殿跡が発掘されている。ここで崇拝されたオシリス神は,人間の頭の形をした容器の形で表わされていたことから,人間や動物の頭の形をしたふたをもつ内臓壺を「カノプス壺」と呼ぶようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android