コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバノリ

海藻海草標本図鑑の解説

カバノリ

からだは平たく不規則に叉状もしくは手のひら状に分枝し,扇状にひろがる。ねじれや,へりにうねりをもつ個体もある。手触りはなめし革のように硬い質感を もつが,髄層細胞が左の写真のように大型の丸い泡状のため,強く折り曲げることで,パキッと裂け目が入る。嚢果は黒みがかった球形で体の全面にできる。カ バノリに似ているものでアツバノリがあるが,アツバノリは体の内部の細胞が糸状であることで区別がつく。生体は紅色〜褐色がかった紅色。押し葉標本は台紙につきにくい。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カバノリ
かばのり
[学]Gracilaria textorii J. Agardh

紅藻植物、オゴノリ科の海藻。柔らかい革膜質の扁平(へんぺい)葉状体で、葉片は叉状(さじょう)分岐を繰り返して、ややヤツデ葉状に広がり、ときに側縁に小葉片をつける。体色が黄色がかるもの、黒紫色がかるものなど変化が多く、大きさは30センチメートル以内。温海性で、日本の各所の浅海に春から夏にかけてよくみられる。寒天製造の副原料のほか、刺身のつまにも利用される。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカバノリの言及

【オゴノリ】より

…似た種類にオオオゴノリ,シラモ,ツルシラモなどがあるが,いずれも寒天原藻に用いられる。カバノリG.textorii Suringarもオゴノリ属の1種だが,体は葉状で叉(さ)状に分枝し,一見別属の海藻のようである。【千原 光雄】。…

※「カバノリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android