コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピターノ カピターノCapitano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピターノ
Capitano

「スパベント」「マタモロス」などの名前でも登場するコメディア・デラルテの役柄の一つ。大言壮語の臆病な軍人。スペイン軍人風で,口ひげを生やし,長剣をつるす。 F.アンドレイニ当り役であった。 T.プラウツスの『ほら吹き軍人』が原型。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のカピターノの言及

【コメディア・デラルテ】より

…コメディア・デラルテがヨーロッパ文化に残した最大の功績のひとつは,登場人物を類型化し,その仮面を創造したことであろう。アルレッキーノ,ブリゲーラBrighella(道化),パンタローネPantalone(老人),ドットーレDottore(知識人),カピターノCapitano(軍人)は,社会を構成する人間の基本的な類型を示している。このような登場人物がさまざまな即興的演技やせりふを組み合わせながら,簡単な筋書きだけをたよりに,一編の劇を作り上げたのである。…

※「カピターノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カピターノの関連情報