長剣(読み)ちょうけん

  • ちょうけん チャウ‥
  • ちょうけん〔チヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 長いつるぎ。
※中右記‐嘉保二年(1095)一一月九日「左少弁帯野劔、右少弁帯長劔、何是何非不尋知也、但年首政始之日必帯長劔云々」 〔漢書‐蓋寛饒伝〕
② 時計の分を刻む長い針。長針。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の長剣の言及

【刀剣】より

…以後はほとんど片刃の武器が主流となり,剣は実用武器としては使用されず,不動明王の持物や儀礼用の宝器などにおもに用いられた。大刀(たち)日本刀【原田 一敏】
【西洋】
 近代にいたるまでの長い歴史のなかでさまざまの形状のものが用いられたが,集団戦での長剣を見るかぎり直剣が主流を占め,反りのある曲刀は近代になってサーベルが一般化するまでは傍流であった。 ギリシア,ローマではがもっとも重要な武器で,剣はむしろ二次的な武器とされ,近接戦で使用されたにすぎない。…

※「長剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長剣の関連情報