コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフィエーロ Carlo Cafiero

1件 の用語解説(カフィエーロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カフィエーロ【Carlo Cafiero】

1846‐92
イタリア社会主義者パリ・コミューンに影響され,ロンドンで第一インターナショナル総評議会のエンゲルスと接触。運動組織の任務を託され帰国,ナポリで活躍中バクーニンの影響下に入る。1872年インターナショナル・イタリア連合の創設を主導。総評議会との決裂後,アナーキズムに立つ〈反権威〉インターナショナルの結成に参画。77年〈行為の宣伝〉を唱え,マラテスタ等とマテーゼに蜂起。獄中で《資本論綱要》を著して,マルクス主義の普及に貢献。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カフィエーロの関連キーワード講壇社会主義社会主義者鎮圧法ベーベルベルンシュタインサンシモン社会主義革命主義者第二インターナショナルマロン赤狩

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone