コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリル酸

2件 の用語解説(カプリル酸の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

カプリル酸

 C8H16O2 (mw144.21).CH3(CH2)6COOH.オクタン酸オクチル酸ともいう.炭素数8個の飽和脂肪酸.乳脂(バター)やパーム油グリセリドに含まれ,特有のにおいをもつ低級飽和脂肪酸.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプリル酸
かぷりるさん
caprylic acid

炭素8原子からなる直鎖の飽和カルボン酸で、オクタン酸ともよばれる。バター、やし油、パーム油などの油脂中にグリセリドの形で3~10%程度、また母乳、魚油にも少量含まれている。不快なにおいをもつ白色結晶。水には溶けにくいが、ベンゼンエタノールエチルアルコール)などの有機溶媒にはよく溶ける。カンジダ症細菌感染症の治療に用いられるほか、香料などの原料に用いられる。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カプリル酸の関連キーワードヘキサンアルカンプロピオン酸イソアミルカコジル酪酸ブチルメチル水銀ヒドロキシシトロネラールカプロン酸エチルオーラミンサリン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カプリル酸の関連情報