コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリル酸

2件 の用語解説(カプリル酸の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

カプリル酸

 C8H16O2 (mw144.21).CH3(CH2)6COOH.オクタン酸オクチル酸ともいう.炭素数8個の飽和脂肪酸.乳脂(バター)やパーム油グリセリドに含まれ,特有のにおいをもつ低級飽和脂肪酸.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプリル酸
かぷりるさん
caprylic acid

炭素8原子からなる直鎖の飽和カルボン酸で、オクタン酸ともよばれる。バター、やし油、パーム油などの油脂中にグリセリドの形で3~10%程度、また母乳、魚油にも少量含まれている。不快なにおいをもつ白色結晶。水には溶けにくいが、ベンゼンエタノールエチルアルコール)などの有機溶媒にはよく溶ける。カンジダ症細菌感染症の治療に用いられるほか、香料などの原料に用いられる。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプリル酸の関連キーワードブラックジャック21世紀枠三七日ウエルカムプラン21セレン酸チオバルビツール酸プロピオン酸イソアミル酪酸ブチルモーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調/piano and orchestra(concerto)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カプリル酸の関連情報