コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプリル酸

栄養・生化学辞典の解説

カプリル酸

 C8H16O2 (mw144.21).CH3(CH2)6COOH.オクタン酸オクチル酸ともいう.炭素数8個の飽和脂肪酸.乳脂(バター)やパーム油のグリセリドに含まれ,特有のにおいをもつ低級飽和脂肪酸.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプリル酸
かぷりるさん
caprylic acid

炭素8原子からなる直鎖の飽和カルボン酸で、オクタン酸ともよばれる。バター、やし油、パーム油などの油脂中にグリセリドの形で3~10%程度、また母乳、魚油にも少量含まれている。不快なにおいをもつ白色結晶。水には溶けにくいが、ベンゼン、エタノール(エチルアルコール)などの有機溶媒にはよく溶ける。カンジダ症や細菌感染症の治療に用いられるほか、香料などの原料に用いられる。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カプリル酸の関連キーワードカプリル酸(データノート)オクタン酸エチルサソリモドキ柑橘油

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android