カマユラ(英語表記)Kamayura

世界大百科事典 第2版の解説

カマユラ【Kamayura】

南アメリカ,ブラジルのマト・グロッソ州北部,シングー川上流域に住む約300人の先住民部族。ビラズ・ボアズ兄弟の献身によって設けられた先住民保護区であるシングー国立公園(1961年に指定)内に住む。言語トゥピ語族に属する。有毒マニオクを中心とする焼畑耕作,狩猟漁労採集を行う。村は一つだけで,大きな広場を数軒の大きな家が取り巻いている。シングー川上流域には,トゥピ語のほかに,アラワク語,カリブ語などを話す部族が混在しているが,みな一つの文化圏に属している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android