コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミ遺跡 カミいせきKhami

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カミ遺跡
カミいせき
Khami

ジンバブエ南西部,マタベレランドノース州にある都市遺跡。 1867年に発見された遺跡で,カミ川の西岸沿い約 2kmを占める。小高い丘を石垣で囲み,その上に王宮の基礎部分や通路部分が残されており,住居の壁は花崗岩を組み合わせたもので,ところどころに装飾の施された石もみられる。ジンバブエ遺跡を参考に 15世紀中頃バンツー語系部族によって建設されたものと思われる。遺跡から出土した工芸品,陶器,白磁,青磁などから,当時ヨーロッパ,北アフリカ,そして中国とも交易があったことがうかがえる。約2世紀にわたって栄えたがその後は衰退。 20世紀に入ってから本格的な調査が行なわれ,1986年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カミ遺跡の関連キーワード長崎県壱岐市勝本町立石東触長崎県壱岐市勝本町立石仲触古代壱岐とカラカミ遺跡ジンバブエ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android