コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミ遺跡 カミいせきKhami

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カミ遺跡
カミいせき
Khami

ジンバブエ南西部,マタベレランドノース州にある都市遺跡。 1867年に発見された遺跡で,カミ川の西岸沿い約 2kmを占める。小高い丘を石垣で囲み,その上に王宮の基礎部分や通路部分が残されており,住居の壁は花崗岩を組み合わせたもので,ところどころに装飾の施された石もみられる。ジンバブエ遺跡を参考に 15世紀中頃バンツー語系部族によって建設されたものと思われる。遺跡から出土した工芸品,陶器,白磁,青磁などから,当時ヨーロッパ,北アフリカ,そして中国とも交易があったことがうかがえる。約2世紀にわたって栄えたがその後は衰退。 20世紀に入ってから本格的な調査が行なわれ,1986年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android