カメハメハ[大王](読み)カメハメハ

世界大百科事典 第2版の解説

カメハメハ[大王]【Kamehameha Nui】

1758‐1819
ハワイ王国カメハメハ王朝の始祖。ハワイ島コハラ長の家系に生まれ,同島とマウイ島のハナ地方を支配する大長で伯父に当たるカラニオプウの庇護のもとに育った。1778年キャプテン・クックがヨーロッパ人として初めてハワイ諸島に来航したおり,カラニオプウに随行してクックに会っている。82年のカラニオプウの死後,内戦状態となったハワイ島を90年までに平定し,さらに遠征の兵を他の島々に送り,95年までにマウイ,カホオラウェ,ラナイ,モロカイ,オアフの各島を征服した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカメハメハ[大王]の言及

【ハワイ王国】より

…19世紀にハワイ諸島を統一したカメハメハ王朝のこと。ポリネシア人は何千kmもの海を渡ってハワイに移住したが,その第1波は750年ごろマルキーズ(マルケサス)諸島から,第2波はタヒチ島からの大移動で13世紀ごろであった。…

※「カメハメハ[大王]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android