コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハワイ王国 ハワイおうこく

百科事典マイペディアの解説

ハワイ王国【ハワイおうこく】

19世紀にハワイ諸島を統一したカメハメハ王朝のこと。1778年J.クックが来航して西欧世界と接した時,ハワイは総人口約30万人に達し,数人の大首長によって分割統治されていたが,カメハメハ(大王)が1810年までにハワイ諸島を統一し,土着の中央集権的権力を樹立した。以後,その後継者たちはキリスト教を受容して伝統的な神々への礼拝を禁じたため,司祭層の権力は弱められた。白檀貿易とサトウキビ産業が王国の経済基盤となった。しかし米英仏など列強の干渉を逃れるため,カメハメハ3世は1840年にハワイを立憲君主国として国際的地位を主張した。しかし国際社会に認められるために多くの米国人を官僚に起用して西欧化を図らねばならず,これが米国の影響力を招く結果ともなり,王国にとってはジレンマとなった。やがて米国人の入植が進んでサトウキビ産業が隆盛となったが,ハワイ人は中国人や日本人移民に職を奪われ,また外来の病気がもたらされたこともあり,ハワイ人人口は1890年には約4万人にまで激減した。カメハメハ5世のあと,ルナリロ,カラカウアに次いで1891年に即位したリリウオカラニ(女王)は,米国との合併をめざす白人勢力に対抗して王朝の権力強化を図ったが,1893年,米国の圧力で退位させられてハワイ王朝は倒れた。翌1894年ハワイ共和国が成立。1898年に米国に併合され,1959年に米国の50番目の州(ハワイ州)となった。1993年はハワイ王朝転覆100周年にあたり,ハワイ先住民主権回復運動が高まりを見せた。同年,クリントン大統領は,ハワイ王国転覆に米国軍が関わっていたことを公式に認め謝罪した。→ハワイ語フラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハワイおうこく【ハワイ王国】

19世紀にハワイ諸島を統一したカメハメハ王朝のこと。ポリネシア人は何千kmもの海を渡ってハワイに移住したが,その第1波は750年ごろマルキーズ(マルケサス)諸島から,第2波はタヒチ島からの大移動で13世紀ごろであった。タヒチ同様ハワイにも階層社会が形成されて貴族平民に分かれ,平民が神の子孫とされる貴族と結婚することはできなかった。ハワイはいくつかの首長国に分かれ,それぞれにアリイ・アイモクと呼ばれる大首長が君臨していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハワイ王国の関連キーワード群馬県渋川市伊香保町伊香保モアナルアガーデンズジョンストン[島]カメハメハ[3世]カメハメハ[大王]アリイ・アイモクカメハメハ1世ハワイアン音楽パールハーバージョンストン島ハワイ[州]クアモオ墓地アロハ・オエデ・ロングポリネシアアロハオエラハイナドール人類学

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハワイ王国の関連情報