コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カライスカキス Geórgios Karaiskákis

世界大百科事典 第2版の解説

カライスカキス【Geórgios Karaiskákis】

1780‐1827
ギリシア解放戦争の将軍。クレフト(山賊)活動の盛んな地方に生まれ育ち,自らはアルマトリ(自衛団)の首領としてイオアニナアリー・パシャに仕えた(1808‐20)。アリーの没落時にはトルコ側につき,のちギリシア独立のために戦ったが,戦線の不利をみて降伏・開城,変節を非難された。ペロポネソスの反乱鎮圧(1824),ミソロンギの解放(1826)に努め,1827年オスマン・トルコ軍をアテネのアクロポリスに包囲中戦死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カライスカキスの関連キーワードペスタロッチ武装中立同盟マリアテレジアティチングマリアテレジアコンディヤック前古典派音楽ダービー(競馬)ベリマン(Torbern Olaf Bergman)本居宣長(国学者、神道学者)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android