コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カライスカキス Geórgios Karaiskákis

1件 の用語解説(カライスカキスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カライスカキス【Geórgios Karaiskákis】

1780‐1827
ギリシア解放戦争の将軍。クレフト(山賊)活動の盛んな地方に生まれ育ち,自らはアルマトリ(自衛団)の首領としてイオアニナアリー・パシャに仕えた(1808‐20)。アリーの没落時にはトルコ側につき,のちギリシア独立のために戦ったが,戦線の不利をみて降伏・開城,変節を非難された。ペロポネソスの反乱鎮圧(1824),ミソロンギの解放(1826)に努め,1827年オスマン・トルコ軍をアテネのアクロポリスに包囲中戦死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カライスカキスの関連キーワードカラスギリシアプラタイアイの戦いペルシア戦争ギリシャ独立戦争ギリシャ文字ギリシャ十字トロイア戦争ギリシア棺謀殺事件ヘミリシアン岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone