真下(読み)マシタ

  • まくだり
  • まっくだり
  • まっした

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 高い所から真っ直ぐに下ること。また、そのさま。まっくだり。
※義経記(室町中か)三「長刀打振り、まくだりに喚(おめ)いて懸かる」
② (御所が北にあったところから) 京都で、南をさして真っ直ぐに行くこと。また、そのさま。まっくだり。
※保元(1220頃か)中「大将の陣の前、敵の追かけんもあしかりなんと思ひて、真下りに迯たりけるが」
〘名〙 (古くは「まじた」とも) まっすぐ下であること。ちょうど下であること。また、その位置。直下。まっした。
※日葡辞書(1603‐04)「Majitauo(マジタヲ) ミル」
〘名〙 (形動)
※太平記(14C後)三七「かさよりまっくだりに懸落されて」
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「東の河原をまっ下(クダ)りに、捨鞭をうってぞ迯ける」
〘名〙 まっすぐ下。直下(ちょっか)。ました。
※土井本周易抄(1477)四「上には暗君のまっ下にいた程にぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真下の関連情報