コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラジャ族 カラジャぞくCarajá

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラジャ族
カラジャぞく
Carajá

ブラジル中央部アラグアイア川沿いに住む漁労民。他のアマゾンの諸民族とはまったく近縁関係のない独立した言語をもつ。周囲のジェー語系諸族あるいはトゥピ語系諸族とは常に敵対関係にあり,戦闘を繰返してきた。マニオク (キャッサバ) 栽培も行うが耕地に恵まれないため,河川資源に頼る生活をおくる。川沿いの高地に定住村落をもつが,乾季には川岸砂地に降りて一時的集落をつくる。男性のみが参加する死者儀礼と仮面儀礼が社会関係のなかで大きな比重を占めている。近年,交易所を通じて急速に他社会との接触の機会が増し,近代化の影響を受けはじめている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android