カラブリア[古代](読み)カラブリア[こだい](英語表記)Calabria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラブリア[古代]
カラブリア[こだい]
Calabria

イタリア半島南東端,半島の形を長靴に見立てた際の「かかと」の部分にあたる地域。古くはメッサピイ人が居住。次いでギリシア人が植民してタラスクロトンシバリスなどの都市を建設した。のちローマ領となるが,7世紀にロンバルディア人が侵入。その結果ビザンチン側は,半島南西部の「つま先」をカラブリアと呼ぶにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android