コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラミティ・ジェーン Calamity Jane

翻訳|Calamity Jane

世界大百科事典 第2版の解説

カラミティ・ジェーン【Calamity Jane】

1852ころ‐1903
アメリカ西部の女傑。本名マーサ・ジェーン・カナリーMartha Jane Cannary。伝説では馬と鉄砲の名手で,男装して軍隊のスカウトとなり,よく味方の災難(カラミティ)を救ったのでカラミティと呼ばれたという。じっさいは軍隊の雑役婦をつとめ,娼婦のようなこともしていたらしい。ワイルド・ビル・ヒコックの恋人という噂にも根拠はない。ただ,殺風景な西部に彩りを添えるものとして生前から名物女の地位を得,ダイム・ノベル(10セント小説)や映画のヒロインとなってきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カラミティ・ジェーンの関連キーワード西部開拓史/活躍した「英雄」たち恋の秘めごとドリス デイ田端宗寿デー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android