コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラミティ・ジェーン Calamity Jane

翻訳|Calamity Jane

1件 の用語解説(カラミティ・ジェーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カラミティ・ジェーン【Calamity Jane】

1852ころ‐1903
アメリカ西部の女傑。本名マーサ・ジェーン・カナリーMartha Jane Cannary。伝説では馬と鉄砲の名手で,男装して軍隊のスカウトとなり,よく味方の災難(カラミティ)を救ったのでカラミティと呼ばれたという。じっさいは軍隊の雑役婦をつとめ,娼婦のようなこともしていたらしい。ワイルド・ビル・ヒコックの恋人という噂にも根拠はない。ただ,殺風景な西部に彩りを添えるものとして生前から名物女の地位を得,ダイム・ノベル(10セント小説)や映画のヒロインとなってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カラミティ・ジェーンの関連キーワード科学史明治大学プラット修正ロシア映画河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラミティ・ジェーンの関連情報