コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリフォルニア油田 カリフォルニアゆでん

百科事典マイペディアの解説

カリフォルニア油田【カリフォルニアゆでん】

米国,カリフォルニア州南部,ロサンゼルス周辺とカリフォルニア盆地南部一帯の油田。19世紀末に発見され,一時は米国内最大の油田であった。1970年代には沖合海底油田の開発が進められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリフォルニア油田
かりふぉるにあゆでん
California Oil Field

アメリカ合衆国のカリフォルニア州にある油田群をいう。石油のあることは早くより知られていたが、1896年ロサンゼルスとサンフランシスコの中間で大規模なコーリンガ油田が発見されてから、オイル・ラッシュの時代に突入し次々に大油田が発見された。1970年代より海洋油田開発の時代に入り、サンタ・バーバラ海峡にあるホンド油田では、水深259メートルの地点にプラットフォーム(石油掘削用の足場)が建設されている。[田中正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android