海底油田(読み)かいていゆでん

日本大百科全書(ニッポニカ)「海底油田」の解説

海底油田
かいていゆでん

海岸から海へ広がる比較的水深の浅い傾斜の緩やかな大陸棚に埋蔵されている油田海底油田の埋蔵量は世界の炭化水素の埋蔵量の5分の1以上と推定されている。1982年の世界の原油生産量の25.2%は海底油田から産出した。1890年代初期アメリカのカリフォルニア海岸で海岸から桟橋を設けて掘削を行ったのが海底油田開発の最初である。1947年ルイジアナ沖で陸地の見えない水深6メートルの海上で世界最初の鋼鉄製プラットフォームが建設された。その後、深い海へ油田探査が進み、1976年にはカリフォルニア沖で水深259メートル、77年にはアメリカのメキシコ湾岸で水深313メートルの地点で海底油田の開発が行われ、原油を生産している。

 大規模な開発は北海で実施されている。1960年代北海の南部でガス田が発見されたのが契機となり、探査は北に進み、それぞれイギリスとノルウェーが開発権利をもつフォーティーズ油田やエコフィスク油田などの大油田が開発された。海底油田開発は世界中の海で行われており、カナダの北極海やニューファンドランド島沖、アメリカのメキシコ湾やカリフォルニア沖、ペルシア湾、エジプト、インドネシア、オーストラリア、中国などの沖合いで油田が発見されている。日本では1959年(昭和34)秋田県土崎(つちざき)沖油田の開発以来、探査開発が実施されており、97年(平成9)現在、新潟県の阿賀沖油田、岩船沖油田、福島県の磐城沖油田で原油、天然ガスを生産している。また日本の石油開発会社は中東をはじめ世界各地で海底油田開発に従事し成果をあげている。

[田中正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「海底油田」の解説

海底油田
かいていゆでん
submarine oil field

海底の地層中にある油田。おもに海岸地域の油田地帯沖合いの大陸棚の地下にある。全世界の海底油田の石油埋蔵量は陸上の数倍といわれ,北アメリカのメキシコ湾岸,カリフォルニア沖,中南米中近東,北海,東シナ海などで大規模な開発が進み,日本では新潟,秋田で海底油田の探査が行われている。海底油田の開発には探査,掘削,探油などの技術上の制約があるが,各地で急速に開発されている。なお 1991年で掘削中の海上リグ基数は 316基あり,全油井掘削リグ (1778基) の約 17.8%を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「海底油田」の解説

かいてい‐ゆでん【海底油田】

海底にある油田。特に、大陸棚に分布する油田。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「海底油田」の解説

かいてい‐ゆでん【海底油田】

〘名〙 大陸棚上に開発される油田。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の海底油田の言及

【エネルギー資源】より

…具体的には,第2次大戦末期に中東の海底に大量の石油資源が発見されたため,埋蔵量は急激に増加した。以後,中東ばかりでなく,メキシコ湾,北海等多くの地域で海底油田が発見されている。こうした成果は,水中に掘削管を下ろして,海底の石油を探し,かつ採取する技術が完成したためといえるが,併せて,石油が地下にどのようにして集積するかということに関する地質学の発展によるところも大きい。…

※「海底油田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android