コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルクアルカリ玄武岩 カルクアルカリげんぶがんcalc-alkaline basalt

岩石学辞典の解説

カルクアルカリ玄武岩

カルク─アルカリ岩系に属する玄武岩で,比較的カルシウムに富み,アルカリに乏しい.化学組成に独自の領域はなく,ソレアイトか高アルカリ玄武岩領域に含まれる.特に高アルミナ玄武岩カルク─アルカリ玄武岩と同義に用いる場合が多い.日本では石基にオージャイトとハイパーシンが共存している場合をカルク─アルカリ玄武岩とすることが多い[地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内のカルクアルカリ玄武岩の言及

【玄武岩】より

…安山岩との間で組成は連続的に変わる。玄武岩は化学組成上,無水ケイ酸とアルカリの比に連続的変化があって,ソレイアイト玄武岩,カルクアルカリ玄武岩,アルカリカンラン石玄武岩に細分される。海洋底の表層を形成する岩石はソレイアイト玄武岩であり,特に深海性ソレイアイトとよばれることもある。…

※「カルクアルカリ玄武岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルクアルカリ玄武岩の関連キーワードピクライト

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android