コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルコゲナイドガラス カルコゲナイドガラスchalcogenide glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルコゲナイドガラス
chalcogenide glass

語源のカルコゲンとは,周期表 16族の酸素族元素,酸素O,イオウS,セレン Se ,テルル Te ,ポロニウム Po の5元素の総称。これらの化合物から成る非晶質体をカルコゲナイドガラスという。 As2Se3,As2Te3,Te2AsSi など,その組合せと成分比により非常に多くの種類があり,半導体としての性質を示すものも多い (→非晶質半導体 ) 。 1968年アメリカの S.R.オブシンスキーが蒸着で作製した Te48As30Si12Ge10 のカルゴゲナイドガラスにおいて,スイッチング現象を見出したおり,記憶素子への応用として注目された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルコゲナイドガラスの関連情報