カルバマゼピン(英語表記)carbamazepin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルバマゼピン
carbamazepin

精神運動発作に有効な抗てんかん薬。化学構造的にも薬理学的にも三環系抗うつ剤,特に塩酸オピプラモールに類似する。臨床的には三叉神経痛やこれに関連した神経痛,難治性のしゃっくりにも有効であるが,作用機序は明らかでない。副作用として骨髄機能抑制 (再生不良性貧血白血球減少症血小板減少性紫斑病などが起る) ,黄疸,循環器系障害 (高血圧を伴う乏尿,左心室不全,循環虚脱) ,アレルギー,嘔吐などがあるが,非常に有用な薬物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルバマゼピンの関連情報