コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗てんかん薬

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抗てんかん薬
こうてんかんやく

てんかんの治療に用いられる薬剤。てんかんは、けいれんと意識喪失とが反復して現れる慢性脳疾患で、てんかんによるけいれんを大発作、短時間の意識喪失を小発作といい、意識混濁、異常行動などの発現を精神運動発作という。したがって抗てんかん薬は、大発作、小発作、精神運動発作のそれぞれに用いられるものに分けられるが、同一薬剤で2種の発作に有効なものもある。
 化学構造上は次のように分けられる。(1)フェナセミド系(アセチルフェネトライド、エチルフェネトライド、フェナセミド)、(2)ヒダントイン系(エトトイン、フェニトイン)、(3)オキサゾリジン系(トリメタジオン)、(4)バルビツール酸系(フェノバルビタール、メフォバルビタール)、(5)スルホンアミド系(スルチアム)、(6)スクシミド系(エトスクシミド)、(7)その他(カルバマゼピン、クロナゼパム、バルプロ酸ナトリウム)など。フェニトインとフェノバルビタールの配合は古くからてんかんの治療に繁用されている。睡眠薬のニトラゼパムもこの目的で応用される。てんかんの大発作にはフェノバルビタール、メフォバルビタール、メタルビタール、フェニトイン、エトトイン、プリミドン、小発作にはトリメタジオン、エトスクシミド、ニトラゼパム、クロナゼパム、バルプロ酸ナトリウム、精神運動発作にはスルチアム、フェナセミド、カルバマゼピン、バルプロ酸ナトリウムが用いられる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

抗てんかん薬の関連キーワード慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意ネフローゼ症候群の原因となる病気ウエスト症候群(点頭てんかん)口唇裂/唇顎口蓋裂/口蓋裂抗てんかん薬治療についてマクロライド系抗生物質ヒトの先天異常の原因ナトリウムと代謝異常フェノバルビタールバルビツール酸中毒フロログルシノール三叉神経痛の治療脊髄小脳変性症カルバマゼピンノバルティス薬剤性肝障害ラミクタール抗けいれん薬フェニトインカルバミン酸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗てんかん薬の関連情報