コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルパソス島 カルパソスとうNísos Kárpathos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルパソス島
カルパソスとう
Nísos Kárpathos

古代ギリシア語読みではカルパトス Karpathos。ギリシア,エーゲ海南東部,ドデカニソス諸島南部の島。同諸島の主島ロドス島とクレタ島のほぼ中間に位置する南北に長い島で,南部東岸に中心集落カルパソスがある。古代,中世を通じてロドス島と密接に関連し,14世紀以降 1540年頃までベネチア領。その後 1912年イタリアに占領されるまでオスマン帝国領。第2次世界大戦後ギリシア領。主産業はオリーブ,ブドウ,コムギなどの栽培,ヒツジ,ヤギの飼育で,漁業も行われる。面積 301km2。人口 6000 (1997推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カルパソス島の関連キーワードアイヌ語圏谷カリームハーン城塞キャリームハーン城塞カナートビルハナ圏谷ノボドボールスキーモーゼル銃パムク

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android