コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルビルアミン carbylamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルビルアミン
carbylamine

一般式 RCNで表わされる化合物の総称で,イソシアン化物イソニトリルカルバミンともいわれる。一般に悪臭のある無色の液体で,反応性に富むので合成原料として用いられる。第一アミンをクロロホルムおよび水酸化カリウムのアルコール溶液と熱すると生成し,きわめて少量でもその悪臭で存在が認められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android