コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルプツォ Benedict Carpzov

世界大百科事典 第2版の解説

カルプツォ【Benedict Carpzov】

1595‐1666
ドイツ普通法学の確立期(〈パンデクテンの現代的慣用〉)を代表する法律家ザクセンの有力な法律家・神学者家系の出。1619年ウィッテンベルク大学で学位を取得,翌年からほぼ生涯を通じてライプチヒ審判人裁判所の構成員をつとめ,これと並んでライプチヒ大学教授(1645‐53)となり,他の種々の要職にもついた。カルプツォの学問的業績はすべて自国の法実務の経験を基礎としている点に特徴がある。代表作《ザクセン新帝国刑事訴訟実務》(1635)では,借物のイタリア法学を乗り越え,カロリーナ刑事法典下のドイツ現行の刑事法を集約して叙述し,18世紀中葉すぎまでドイツ刑事司法を支配した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カルプツォの関連キーワード5月24日

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android