コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルプツォ Benedict Carpzov

1件 の用語解説(カルプツォの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カルプツォ【Benedict Carpzov】

1595‐1666
ドイツ普通法学の確立期(〈パンデクテンの現代的慣用〉)を代表する法律家。ザクセンの有力な法律家・神学者家系の出。1619年ウィッテンベルク大学で学位を取得,翌年からほぼ生涯を通じてライプチヒ審判人裁判所の構成員をつとめ,これと並んでライプチヒ大学教授(1645‐53)となり,他の種々の要職にもついた。カルプツォの学問的業績はすべて自国の法実務の経験を基礎としている点に特徴がある。代表作《ザクセン新帝国刑事訴訟実務》(1635)では,借物のイタリア法学を乗り越え,カロリーナ刑事法典下のドイツ現行の刑事法を集約して叙述し,18世紀中葉すぎまでドイツ刑事司法を支配した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カルプツォの関連キーワードイェリネック官房学サビニー西ドイツ東ドイツドイツ鯉統一ドイツ内国普通法人ドイ語土井十二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone