借(り)物(読み)カリモノ

デジタル大辞泉の解説

かり‐もの【借(り)物】

人から借りた物。「借り物の式服」
形だけ取り入れて、まだ自分のものになっていない、意見や考えなど。「借り物の思想」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かり‐もの【借物】

〘名〙 他人から借りた金銭や品物など。
※名語記(1275)五「出挙・借物を、おふ如何。おふは、負也。畳字には負累といへるこれ也」
※雑俳・柳多留‐二〇(1785)「かりものと見たはひが目か金屏風」

しゃく‐もつ【借物】

〘名〙 物を借りること。また、人から借りた物。
※米沢本沙石集(1283)七「一人は家まとしく、一人は豊也けり。さるままに、常に借物なんどしけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android