カルボス(英語表記)Kalvos, Andreas Ioannides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルボス
Kalvos, Andreas Ioannides

[生]1792.4. ザキンソス島
[没]1869.11.3. リンカーンシャー,ルース
ギリシアの詩人。イタリアで教育を受け,1826年に祖国の独立運動に加わるために帰国したほかは国外で生活した。同郷の詩人 D.ソロモスと同じく愛国の詩を書いたが,用語が古風で詩法が複雑なため,同時代人にはあまり理解されなかった。作品は『リラ』 Lyra (1824) および『リリカ』 Lyrika (26) がおもなものであるが,峻厳かつ道徳的な色彩が強い。その他の散文作品はほとんどイタリア語で書かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android