コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボス Kalvos, Andreas Ioannides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルボス
Kalvos, Andreas Ioannides

[生]1792.4. ザキンソス島
[没]1869.11.3. リンカーンシャー,ルース
ギリシアの詩人。イタリアで教育を受け,1826年に祖国の独立運動に加わるために帰国したほかは国外で生活した。同郷の詩人 D.ソロモスと同じく愛国の詩を書いたが,用語が古風で詩法が複雑なため,同時代人にはあまり理解されなかった。作品は『リラ』 Lyra (1824) および『リリカ』 Lyrika (26) がおもなものであるが,峻厳かつ道徳的な色彩が強い。その他の散文作品はほとんどイタリア語で書かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルボスの関連キーワードカーバメート殺虫剤リンカーンシャーザキントス島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android