カルメンティス(英語表記)Carmentis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルメンティス
Carmentis

別名をカルメンタともいう古代ローマの女神。伝説では,もとはギリシアのアルカディア地方に住むラドン川の娘のニンフであったが,息子エウァンドロスと一緒にラチウムに来て,のちにローマが建設される場所に住み,死後女神として祀られたとされる。生前すでに予言の能力を有していたとされ,安産の女神としてローマの婦人たちに崇拝され,生れる子の未来の運命を予言すると信じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android