カルロス ビアンチ(英語表記)Carlos Bianchi

現代外国人名録2012の解説

カルロス ビアンチ
Carlos Bianchi


国籍
アルゼンチン

専門
サッカー監督;元・サッカー選手

生年月日
1949/3/26

出生地
アルゼンチン ブエノスアイレス

経歴
1967年アルゼンチンのクラブチーム、ベレスに入団。以後フランスのパリSG、ストラスブールでプレーした時期を除き、計12シーズンでクラブ最多記録の通算206得点をマークしたFWの名選手。’84年引退し、フランスのプロチームで監督としての経験を積み、’92年ベレスの監督に就任。’93年アルゼンチンの国内リーグ1位、’94年南米クラブ選手権(リベルタドーレス杯)初優勝。同年トヨタカップで来日し、ACミラン(イタリア)を破りクラブチーム世界一に。セリエA・ローマ監督を経て、’98年5月ボカ・ジュニアーズ監督に就任。2000年リベルタドーレス杯優勝。同年トヨタカップで来日、レアルマドリード(スペイン)を破りチームを世界一に導く。2001年チームをリベルタドーレス杯2連覇に導くが、トヨタカップではバイエルンミュンヘン(ドイツ)に敗れる。同年12月退任するが、2002年12月再び監督に就任。2003年リベルタドーレス杯でボカ・ジュニアーズを3度目の優勝に導く。同年トヨタカップでACミランを破り、同大会史上初となる自身3度目の世界一を達成した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

カルロス ビアンチ
Carlos Bianchi
サッカー

サッカー監督(ボカ・ジュニアーズ)
生年月日:1949年3月26日
国籍:アルゼンチン
出生地:ブエノスアイレス
経歴:1967年アルゼンチンのクラブチーム、ベレスに入団。以後フランスのパリ・サンジェルマン、ストラスブールでプレーした時期を除き、計12シーズンでベレス最多記録の通算206得点をマークしたFWの名選手。’84年引退し、’85〜88年フランスのランス、’89〜90年ニースで監督としての経験を積み、’93年古巣ベレスの監督に就任。同年後期リーグ1位、’94年南米クラブ選手権(コパ・リベルタドーレス)初優勝。同年トヨタ杯で来日し、ACミラン(イタリア)を破りクラブチーム世界一に。’96年イタリア・セリエAのローマ監督を経て、’98年ボカ・ジュニアーズ監督に就任。2000年コパ・リベルタドーレス優勝。同年トヨタ杯で来日、レアル・マドリード(スペイン)を破りチームを世界一に導く。2001年コパ・リベルタドーレス2連覇に導くが、トヨタ杯ではバイエルン(ドイツ)に敗れる。同年12月退任するが、2002年12月再びボカ・ジュニアーズ監督に就任。2003年コパ・リベルタドーレスで3度目の優勝に導く。同年トヨタ杯でACミランを破り、同大会史上初となる自身3度目の世界一を達成した。2005〜2006年スペインのアトレティコ・マドリードを経て、2012年3度目のボカ・ジュニアーズ監督となった。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android