コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルー系 カルーけい Karroo system

1件 の用語解説(カルー系の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カルーけい【カルー系 Karroo system】

アフリカの内陸地帯における古生代後期~中生代初期の陸成堆積物を主とする地層で,赤道以南のアフリカとマダガスカル島の広い地域にわたって分布し,大カルー盆地とよばれる。4層に分けられ,始まりは氷期(ドワイカ氷期)で終りは火山活動期で特徴づけられる。その間の堆積岩層は礫質(れきしつ)のはさみをもつ泥質・砂質岩を主とする。ドワイカ氷期はデボン紀に始まり,最盛期は二畳紀~石炭紀であった。氷河と砕屑物(さいせつぶつ)は大カルー盆地の外周の四つの高地から運ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カルー系の関連キーワードブリンクゴンドワナ大陸南アフリカ戦争アフリカ舞舞旧古生代新古生代南アフリカ南アフリカ連邦アフリカの女王アフリカのHIV

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone