コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルー系 カルーけいKarroo system

1件 の用語解説(カルー系の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カルーけい【カルー系 Karroo system】

アフリカの内陸地帯における古生代後期~中生代初期の陸成堆積物を主とする地層で,赤道以南のアフリカとマダガスカル島の広い地域にわたって分布し,大カルー盆地とよばれる。4層に分けられ,始まりは氷期(ドワイカ氷期)で終りは火山活動期で特徴づけられる。その間の堆積岩層は礫質(れきしつ)のはさみをもつ泥質・砂質岩を主とする。ドワイカ氷期はデボン紀に始まり,最盛期は二畳紀~石炭紀であった。氷河と砕屑物(さいせつぶつ)は大カルー盆地の外周の四つの高地から運ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone