カレッツォーニコ(英語表記)Ca' Rezzonico

デジタル大辞泉の解説

イタリア北東部、ベネト州の都市ベネチアの大運河(カナルグランデ)沿いにあるバロック様式の館。17世紀半ば、ボン家の館として、バルダッサーレ=ロンゲーナの設計で建設が始まったが、ロンゲーナの死とフィリッポ=ボンの財政難により中断。18世紀にレッツォーニコ家所有となり、ジョルジョ=マッサーリにより完成。現在は1700年代ベネチア美術館になっており、18世紀の美術品、家具調度品などを展示している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android