コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレドニア型花崗岩 カレドニアがたかこうがん Caledonian-type granite

1件 の用語解説(カレドニア型花崗岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

カレドニア型花崗岩

I型花崗岩の区分の一つで,岩質は花崗閃緑岩から花崗岩が主であり,小さい岩体では角閃石閃緑岩から斑糲岩である.鉱物組成は黒雲母が多く,チタン鉄鉱および磁鉄鉱が含まれる.カリ長石は一般に他の結晶粒の間を埋めて侵入している.岩石標本は桃色である.多様な混合した捕獲岩が含まれる.Al/(Na+K+Ca/2)のモル値は約1である.分離し分散した多くのプルトンとシートの複合体であって,時に玄武岩安山岩熔岩台地を伴っている.短期間深成活動で後造山期に産出する.稀に強い鉱化作用が伴われる.この型の花崗岩は大洋海盆の終止直後の上昇などによるもので,不連続的な多数の貫入体である.これはカルク・アルカリ母岩漿と大陸の地殻物質とのアナテキシスによるもので,深成活動は一般に短期間である[Pitcher : 1982].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレドニア型花崗岩の関連キーワード運動時花崗岩プディング花崗岩石英閃緑岩線アイ型花崗岩コルディレラ型花崗岩ソレアイト質型花崗岩非造山型花崗岩ヒマラヤ型花崗岩斑岩花崗岩微花崗岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone