コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレ・ド・マルベール Raymond Carré de Malberg

世界大百科事典 第2版の解説

カレ・ド・マルベール【Raymond Carré de Malberg】

1861‐1935
フランスの公法学者。カン,ナンシー,ついで長くストラスブール大学教授。主著《一般国家学綱要》(第1巻1920,第2巻22)のほか,フランスの実定法構造が立法権の優位によって支配されていることを徹底的かつ執拗に系統的に分析した《一般意思の表明としての法律》(1931)がとくに重要である。彼の見解はフランスにおける代表的な法実証主義としてあげられるが,その実証主義は,国家法の所与の現実を,さまざまの理想や哲学の擬制をはぎとって直視するところに特色があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カレ・ド・マルベールの関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏炭酸塩岩脈オセアニア史(年表)稲垣浩

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android