コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬制 ぎせいfiction

翻訳|fiction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擬制
ぎせい
fiction

法律用語としては,性質の異なるものを同一のものとみなして同じ効果を与える取扱いをいう。たとえば,相続については胎児をすでに生れたものとみなすようなことである (民法 886条1項) 。擬制は,それが事実に反することを承知のうえで,法政策的な考慮からとられる措置であるから,推定と異なり,反証によってその効果がくつがえされることはない。法令上擬制は「みなす」という言葉で表現される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐せい【擬制】

実質の異なるものを、法的取り扱いにおいては同一のものとみなして、同一の効果を与えること。失踪(しっそう)宣告を受けた者を死亡したものとみなすなど。→推定

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎせい【擬制 fiction】

広義では,本当は事実でないことを社会的効用などの理由から事実であるとみなして物事を説明することである。この意味での擬制は,一方で事実を事実として物事を説明しようとする態度と区別されると同時に,少なくとも最初に説明するものはそれが事実でないことを自覚している点で,事実でないことを事実と信じて物事を説明する神話的説明とも異なる。しかし擬制と神話的説明との区別は相対的であり,最初擬制として説明されたことが後に神話的に説明されうるし,またその逆もありうる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎせい【擬制】

〘法〙 相異なる事実を法的には同一のものとみなし、同一の法律的効果を与えること。失踪宣告を受けた者を死亡とみなし、窃盗罪について電気を財物とみなすなどの類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

擬制
ぎせい
fiction

事実に反することを事実であるかのように扱うこと。事実に反することがだれにも自覚されていない「神話」や、相手に自覚させないようにする「嘘(うそ)」と異なり、だれもが、それが事実に反することを知っている点に特色がある。擬制を用いることによって、思考を単純化することができる。ある物体(剛体)を摩擦のないものと仮定したり、ある物体の運動を空気抵抗のないものと仮定したりするのも擬制による思考である。
 法学においても、しばしば擬制が用いられるが、この場合理論上の擬制と実践上の擬制とに区別される。前者は、法人を人間であるかのように考えたり、裁判官を政治的偏向をもたない人間であるかのように考えたりするものであり、後者は、法原則や条文に反するものを反しないように扱うものである。後者はさらに、立法上の擬制と法適用上の擬制とに分類される。立法上の擬制とは、養子を実子とみなす(民法809条)、電気を財物とみなす(刑法245条)、船舶を強制執行法上不動産とみなす(民事執行法112条)、というように、異なったものを同一に扱う場合である。法適用上の擬制とは、法適用者が、条文の要件にあたらないものをあたるかのように、あるいは、あたるものをあたらないかのように扱う場合である。これは法適用者の立法者に対する「造反」であるが、イギリスの法史学者メーンSir Henry Sumner Maine(1822―88)が強調したように、時代に適応できなくなった法規を新たな時代に適用させる積極的役割を果たす場合もある。[長尾龍一]
『末広厳太郎著『嘘の効用』(1954・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の擬制の言及

【ノンフィクション】より

…字義どおりにはフィクションではないもの,つまり小説,詩,戯曲を除くすべての著作物。日本やアメリカの書評紙ではベストセラーの一覧をフィクションとノンフィクションに分け,後者には健康促進,ペットの飼い方などの実用書まで含まれる。しかしより一般的には,事実に基づくルポルタージュ,ドキュメンタリー,旅行記,探検記,伝記,日記などの散文形式の作品を指す。ただし,この定義も包括的であり,ノンフィクションには批判精神が欠如しているとしてルポルタージュやドキュメンタリーをこれから除外する考え方もある。…

【フィクション】より

…本来,虚構とかつくりごとを意味するが,英語では小説作品をも指す。小説はもともと娯楽用,あるいは教戒用のつくり話であった。18世紀以降の西欧の科学的実証主義の思潮が長編小説の最盛期と符合したため,小説を人間の真実ないしは社会の実相を表現する模写芸術とし,文章外の事実と文章との合致を想定させる〈まことらしさ〉,あるいは〈リアリティ〉に至上価値をおく小説観が一時有力となった。今日でもなお一般読者の間では,そのような誤解が根強く残っており,それがロマン主義的な〈詩人はぐれ者説〉と同時的に輸入された結果,日本独自のジャンルとして誕生したのが〈私小説〉〈心境小説〉である。…

※「擬制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

擬制の関連キーワードのれん分け(暖簾分け)カレ・ド・マルベール推定(法律用語)ゴッドファーザー来栖三郎(2)擬制的親族関係資本の商品化利子生み資本社会名目論法人実在説郷戸・房戸代表の擬制紙上封鎖擬制資本権利能力失踪宣告帰属計算証拠方法欠席裁判一字書出

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

擬制の関連情報