コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワスズメ カワスズメ Oreochromis mossambicus

2件 の用語解説(カワスズメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワスズメ
カワスズメ
Oreochromis mossambicus

スズキ目カワスズメ科の淡水魚。野外では体長 30cmをこえるが,水槽内では 20cm内外。体は側扁し,基底の長い背鰭をもつ。体色は灰茶色を基調とし,銀色に光る鱗をもつ。卵は雌の口中で保護され,そこで孵化する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワスズメ
かわすずめ

硬骨魚綱スズキ目カワスズメ科の淡水魚で、アフリカ東部から南部が原産地。日本には1954年(昭和29)ごろ、食糧危機を救う魚として期待されて移入され、和名よりもティラピアの名で知られている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカワスズメの言及

【アフリカ大地溝帯】より

…むしろ最近では大地溝帯は南北への分布拡大の通路となったという説が有力である。 大地溝帯の内部をみたとき,生物学上重要なのは,その水系における水生動物の適応放散で,なかでも,ティラピアなどを含むカワスズメ科魚類(シクリッド)の爆発的な種分化は魚類学上の驚異とされている。現在,この仲間はアフリカ,中南米,南アジアから700種余り知られているが,その約8割までがアフリカ大地溝帯域に集中している。…

【ティラピア】より

…スズキ目カワスズメ(シクリッド)科ティラピア属Tilapiaの淡水魚の総称。テラピアともいう。…

※「カワスズメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カワスズメの関連キーワードティラピアディスカス雀鯛空雀鯛テラピア紅雀エソックス庭雀スズキヤすずめや

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カワスズメの関連情報