コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンギュル・テンギュル bKa’ ‘gyur bsTan’gyur

1件 の用語解説(カンギュル・テンギュルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カンギュル・テンギュル【bKa’ ‘gyur bsTan’gyur】

チベット語に翻訳された経典と戒律の仏典群,およびそれらの注釈を含む論典群をそれぞれ指していうチベット名であり,甘殊爾・丹殊爾と音写される。いわゆるチベット《大蔵経》である。それらの大部分は779年から842年ころまでの間にインド,チベット両国の学僧の協力によって訳出され,814年には訳語が統一されて校訂が行われた。密教関係の翻訳の多くは11世紀以後に加えられた。14世紀はじめころ,中央チベット西部のナルタン寺で今日の形にまとめられ,一部にチベット人の著作も含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンギュル・テンギュルの関連キーワード出三蔵記集チベット語チベット高原チベット文字翻訳文学チベット高気圧英訳重訳御牧克己チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone