コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木版印刷 もくはんいんさつwood block printing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木版印刷
もくはんいんさつ
wood block printing

木版を使って印刷する方式で,印刷の起源といってもよいほど古い印刷方式。歴史的には 660年頃中国に起り,100年ほど経て小仏像,経典,暦本,紙幣などが印刷され,その技術は世界に伝えられ,特に日本の「百万塔陀羅尼経」は,現在残されている最古の印刷物ではないかといわれている。また木版印刷は普通の商業印刷物には使われないが,工芸的な芸術性の濃い印刷物としては版画というジャンルを確立している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もくはん‐いんさつ【木版印刷】

木の板目または木口(こぐち)の面に図画・文字などを彫刻して版を作り、これにインキを塗布して紙をのせ、紙背からこすって印刷すること。また、その印刷物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もくはんいんさつ【木版印刷】

木の板に書画を彫り、それを版とした印刷。室町末期までは仏画が中心。近世初頭に朝鮮から木版活字が輸入され、書籍などの印刷を促した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木版印刷
もくはんいんさつ

版材に木を使った凸版印刷。もっとも古い印刷方法で、7世紀ごろから中国で経典、仏像、紙幣などの印刷に使っていた。木版には板目木版と木口(こぐち)木版とがある。板目木版は、朴(ほお)や桜の材を縦に切った板を版材(版木)とし、これに彫刻をする。この版に刷毛(はけ)で水性インキをつけ紙を当て、その上からバレンで擦って印刷をする。文字の種類の多い日本では、活版印刷発明後も江戸時代までは出版に使われていた。木口木版は、つげ材を横に切った板に彫刻した版である。板目木版に比べて非常に堅いので、白抜きの図柄が多い。木口木版はイギリスで開発され、ヨーロッパで使用されていたので西洋木版という人もある。味わいのある印刷物ができる。[平石文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の木版印刷の言及

【版本】より

…ここでは狭義の版本だけを取り上げることとする。義浄三蔵(635‐713)の《南海寄帰内法伝》によれば,インドでも型をもって多数の小塔を造り,印板を使用して経文を絹などに印刷したのを見かけたとあり,その他傍証とするに足るものも存するから,厳密な意味での木版印刷術の発祥地はインドであるかもしれない。しかし木版印刷の盛行を招来したのは中国人であった。…

※「木版印刷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木版印刷の関連情報