コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンゼ(甘孜)県 カンゼdkar mdzes; Garzê

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンゼ(甘孜)〔県〕
カンゼ
dkar mdzes; Garzê

中国西南地方,スーチョワン (四川) 省西部,カンゼ (甘孜) チベット (蔵) 族自治州北部の県。ホントワン (横断) 山脈の縦谷を南流するヤーロン江の上流域にあり,標高 4000mをこえる山に囲まれる。谷ではハダカムギ,春コムギ,エンドウ,ジャガイモ,テンサイダイコンなどが栽培される。山腹の広大な草原ではヤクを主とする移牧が行われる。また森林も繁茂し,麝香や薬草類を産する。住民はチベット族。人口5万 3458 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android