ヤク(英語表記)yak

翻訳|yak

デジタル大辞泉 「ヤク」の意味・読み・例文・類語

ヤク(yak)

ウシ科の哺乳類。肩高1.5~2メートル。雌雄とも角があり、体の下面および尾に長毛が密生し、ふつう黒褐色。チベットからヒマラヤ山脈にかけての高地にすむが、野生のものはきわめて少ない。古くから家畜化され、荷役用・乳用ふん燃料に利用される。犛牛りぎゅう・ぼうぎゅう
[類語]雄牛雌牛子牛種牛役牛乳牛肉牛牧牛猛牛和牛水牛野牛バイソンバッファロー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ヤク」の意味・読み・例文・類語

ヤク

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] yak ) ウシ科の哺乳類。肩高約一・五~二メートル。ウシに似ているが体の下面に長毛がたれる。雌雄とも上方に湾曲した角をもつ。野生種毛色は黒褐色で、家畜化したものには黒白斑・白色などもある。チベット高原ヒマラヤ地方の原産で、野生種は標高四五〇〇~六五〇〇メートルの高山の草原にすむ。原産地では役用・食用・乳用とし、毛は衣服に利用。こぶ牛などとの間に雑種もある。犛牛(りぎゅう)。ぼうぎゅう。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ヤク」の意味・わかりやすい解説

ヤク
yak
Bos grunniens

体が長毛でおおわれた大型のヤギュウ。偶蹄目ウシ科の哺乳類。チベットとヒマラヤ,中国西部の高地に分布。雄は体長3.25mに達し,肩高2mを超すものもあり,体重は1000kgほどだが,雌は小型で体重は雄の1/3くらいである。体をおおう長毛は黒褐色で,角も黒い。高山生で,夏は万年雪のある標高6100mあたりまで姿をみせるが,その他の時期は下方で生活する。雌と子は大きな群れをつくるが,雄は単独かあるいは12頭くらいまでの小群でいて,それぞれ別々に行動し,種々の草や地衣類を食べる。9月に始まる交尾期には雄は雌をめぐって争う。妊娠期間約9ヵ月,1産1子で,寿命は25年の記録がある。

 原住民はヤクを家畜とし,荷役用と乳用に飼育する。ラマ教ではヤクを殺すことは禁じているが,病気のものを殺すことはあり,皮をテントなどに用いる。地方によっては肉用とする。また,糞を乾かし燃料として用いる。家畜ヤクの雄とウシの雌を交配してゾーdzoと呼ばれる雑種がつくられるが,ゾーは比較的低地での荷役に,ヤクを高地での荷役に使用することが多い。近年では雌ウシにイギリス産肉用種のハイランド種を用いて雑種をつくり,それをヤーコウyakowと呼び,寒冷地での飼育に適した肉用品種としている。

 なお,家畜のヤクが増加するにつれ,野生種はきわめて少なくなり,絶滅が心配されている。
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「ヤク」の意味・わかりやすい解説

ヤク

【ぼう】牛(ぼうぎゅう)とも。偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の哺乳(ほにゅう)類。肩高1.6〜1.9m,尾72cmほど。全身柔らかい長毛でおおわれ,野生種は黒色。チベットとヒマラヤの標高3600〜6000mの高地にすむ。家畜化されたものは役用とされ,乳,肉は食用に,毛は毛織物にされる。低地での飼育はむずかしい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のヤクの言及

【テント】より

…東はチベットから西は北アフリカまで,乾燥地域に広くみられる。チベットでヤクの毛を素材として用いる以外,ほとんどの地域では黒ヤギの毛で織った織布をテント地として使用している。北アフリカなど一部の地域では,ヤギの毛にヒツジやラクダの毛をまぜて使うこともある。…

【ヒマラヤ[山脈]】より

…カシミール人は色の白いコーカソイド型の特徴をもち,インド語派ダルド語群の母語を話す。耕地では,稲,麦類,トウモロコシなどが作られ,豊かな牧野では,羊,ヤギ,ヤクなどの家畜が放牧される。
[チベット文明圏の人々]
 ヒマラヤにおけるチベット文明の世界は,主嶺の北側,チベット高原の縁辺をなす高原,谷間に展開する。…

※「ヤク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android