カンタレル油田(読み)カンタレルゆでん(英語表記)Cantarell oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタレル油田
カンタレルゆでん
Cantarell oil field

メキシコのカンペチェ湾沖合いにある,メキシコ最大の油田。アカル油田,ノホ油田,チャック油田,クツ油田からなる油田群の総称。1976年に漁師によって発見され,国営石油会社ペメックスが開発して 1979年に生産を開始した。原油回収率改善のため,油層に窒素を圧入する増進回収法(→3次回収法)が 2000年に採用され,原油生産量は 2003年に日量 210万バーレルに達したが,以後急減し,2009年には日量 77万バーレルまで減少した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカンタレル油田の言及

【レフォルマ油田】より

…メキシコ南部,タバスコ州の州都ビジャエルモサ周辺では,1957年に第三紀中新世砂岩を油層とする油田が発見された。その後,掘削技術の進歩により71年に着手された深掘りの結果,その翌年に2試掘井において白亜系(一部ジュラ系)の石灰岩油層の発見に成功した。この層から生産している25油田の総称がレフォルマ油田で,70km×100kmの産油面積をもつ超巨大油田群である。レフォルマ油田の究極可採埋蔵量はあまり正確ではないが,70億バレル以上と推定される。…

※「カンタレル油田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android