コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタレル油田 カンタレルゆでん Cantarell oil field

1件 の用語解説(カンタレル油田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタレル油田
カンタレルゆでん
Cantarell oil field

メキシコのカンペチェ湾沖合いにある,メキシコ最大の油田。アカル油田,ノホ油田,チャック油田,クツ油田からなる油田群の総称。1976年に漁師によって発見され,国営石油会社ペメックスが開発して 1979年に生産を開始した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカンタレル油田の言及

【レフォルマ油田】より

…メキシコ南部,タバスコ州の州都ビジャエルモサ周辺では,1957年に第三紀中新世砂岩を油層とする油田が発見された。その後,掘削技術の進歩により71年に着手された深掘りの結果,その翌年に2試掘井において白亜系(一部ジュラ系)の石灰岩油層の発見に成功した。この層から生産している25油田の総称がレフォルマ油田で,70km×100kmの産油面積をもつ超巨大油田群である。レフォルマ油田の究極可採埋蔵量はあまり正確ではないが,70億バレル以上と推定される。…

※「カンタレル油田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンタレル油田の関連キーワードメキシコ湾流アメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀メキシカンメキシコ・セットメキシコのダンスカンペチェ湾油田群カンペチェ湾油田カンペチェ歴史的要塞都市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone