コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンデル カンデルKandel, Eric

2件 の用語解説(カンデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンデル
カンデル
Kandel, Eric

[生]1929.11.7. ウィーン
オーストリア生れのアメリカの神経科学者。 1956年ニューヨーク大学医学部で博士号を取得。 60~64年ハーバード大学医学部の精神科研修医として研究者の道に入り,65~74年ニューヨーク大学生理学・精神医学部準教授,74年コロンビア大学生理学・精神医学部教授,92年より,同大学生化学・分子生物物理学部教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンデル
かんでる
Eric R. Kandel
(1929― )

アメリカの神経科学者。オーストリアのウィーンに生まれる。1939年ナチスの迫害を避けアメリカに移る。1952年ハーバード大学卒業。1956年ニューヨーク大学医学部卒業。モンテフォーレ病院での臨床研修後、国立精神衛生研究所で研究。1960年ハーバード大学医学部マサチューセッツ精神衛生センター精神科医、1963年同大学講師。1965年ニューヨーク大学準教授。1974年コロンビア大学教授となる。1984年よりハワードヒューズ医学研究所研究員を兼任。
 記憶の分子機構を解明するために、ウミウシのえらに対する防御反応を実験系として確立した。記憶には、弱い刺激に対して増強効果が数分から数時間持続する「短期記憶」と、より強い刺激に対して増強効果が数日から数週間持続する「長期記憶」が存在することを発見。また、短期記憶はタンパク質のリン酸化によって生じているのに対し、長期記憶は新規タンパク質が合成され、シナプスの形状が変化することにより生じていることを明らかにした。記憶の分子機構が、ウミウシのみならず哺乳類にも共通して存在することを証明し、記憶が神経細胞のシナプスの変化によって生じることを提唱した。これらの業績により、A・カールソン、P・グリーンガードとともに2000年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カンデルの関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンデルの関連情報