コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カントーリア cantoria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カントーリア
cantoria

イタリアの聖堂にみられる聖歌隊席。フィレンツェ大聖堂(→サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)のものが特に名高い。浮彫装飾は 1431年,ドナテロとルカ・デラ・ロッビアに委嘱され,1438年に完成した。ドナテロは周辺の外枠面を 10本の柱で区分し,その内側に金モザイクを背景に個性的なポーズで踊り進む快活な小天使群を,一方のロッビアは外枠面を 8本の柱で区分し,そこに合唱,合奏し,あるいは踊りはしゃぐさまざまなポーズの少年少女たちの群像を,それぞれ大理石浮彫で表現した。両者ともに古典性と厳しい写実性とをみせるが,ドナテロの豊かな量感,みなぎる生動感,個性的な小童表現,ロッビアの温雅で情緒的な雰囲気が好対照をなす。大聖堂美術館に収蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android