カンバーランド道路(読み)カンバーランドどうろ(英語表記)Cumberland Road

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンバーランド道路
カンバーランドどうろ
Cumberland Road

アメリカ最初の国道。 1811年建設開始,18年完成。メリーランド州カンバーランドからオハイオ川沿いのバージニア州 (現ウェストバージニア州) ホイリーングにいたる。「オハイオ熱」に拍車をかけた。現在ルート 40の一部となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンバーランドどうろ【カンバーランド道路 Cumberland Road】

アメリカ西部開拓の初期に,東部大西洋岸と西部を結ぶため,連邦政府が建設した道路。ナショナル・ロードNational Roadとも呼ばれる。1806年,メリーランド州カンバーランドから,オハイオ川沿いのホイーリング(当時はバージニア州,現在ウェスト・バージニア州)までの建設が決定され,18年に完成した。費用は公有地売却代金の中からまかなわれ,建設には工兵隊があたった。完成前から西部への移住者によって盛んに利用され,この道を利用したあるイギリス人旅行者は〈古いアメリカがこわれ,西へ動きつつあるように見える〉と言ったほどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android