コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンヒザクラ かんひざくら

1件 の用語解説(カンヒザクラの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンヒザクラ
かんひざくら / 寒緋桜
[学]Prunus cerasoides D. Don var. campanulata Koidz.

バラ科の落葉高木。ヒカンザクラともよばれる。樹皮は灰黒色で横の皮目が目だつ。2~3月、葉の出る前に、緋紅(ひこう)色の花が鐘状に半開して下向きに咲く。関東地方以南で庭に植えられる。中国大陸南部、台湾原産で沖縄では野生化している。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカンヒザクラの言及

【サクラ(桜)】より

…これはヒカンザクラとオオシマザクラの雑種で,大寒桜(おおかんざくら),修善寺寒桜などの品種がある。カンザクラの一方の母種であるヒカンザクラ(緋寒桜)P.cerasoides D.Don var.campanulata (Maxim.) Koidz.はカンヒザクラ(寒緋桜)ともいわれ,中国南部,台湾に分布し,琉球に野生化している。葉が展開する前に,花弁が半開した濃緋紅色の花が下向きに咲く。…

※「カンヒザクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンヒザクラの関連情報