コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンヒザクラ かんひざくら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンヒザクラ
かんひざくら / 寒緋桜
[学]Prunus cerasoides D. Don var. campanulata Koidz.

バラ科の落葉高木。ヒカンザクラともよばれる。樹皮は灰黒色で横の皮目が目だつ。2~3月、葉の出る前に、緋紅(ひこう)色の花が鐘状に半開して下向きに咲く。関東地方以南で庭に植えられる。中国大陸南部、台湾原産で沖縄では野生化している。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカンヒザクラの言及

【サクラ(桜)】より

…これはヒカンザクラとオオシマザクラの雑種で,大寒桜(おおかんざくら),修善寺寒桜などの品種がある。カンザクラの一方の母種であるヒカンザクラ(緋寒桜)P.cerasoides D.Don var.campanulata (Maxim.) Koidz.はカンヒザクラ(寒緋桜)ともいわれ,中国南部,台湾に分布し,琉球に野生化している。葉が展開する前に,花弁が半開した濃緋紅色の花が下向きに咲く。…

※「カンヒザクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カンヒザクラの関連キーワードサクラ(桜)沖縄県石垣市カンザクラ小林義雄於茂登山於茂登岳台湾桜石垣市八重岳河津桜寒桜

カンヒザクラの関連情報