コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンビセス2世 カンビセスにせいKambysēs II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンビセス2世
カンビセスにせい
Kambysēs II

[生]?
[没]前522
アケメネス朝ペルシアの王 (在位前 529~522) 。ペルシア名 Kambujia。キュロス2世の長男で,前 525年エジプト,エチオピアにまで遠征し,エジプト王プサムティク3世を退位させ,全エジプトを征服した。しかし,国内では多くの反乱が起こり,遠征帰途にシリアで死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンビセス2世の関連キーワード西・南アジア史(年表)カンビュセス(2世)総合年表(アフリカ)アルケシラオス3世ダリウス(1世)ビーシトゥーン中東史(年表)ペルシア帝国ヒスタスペスゴーマータメンフィスサイス朝アトッサ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android