コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンペンハウゼン Campenhausen, Hans, Freiherr von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンペンハウゼン
Campenhausen, Hans, Freiherr von

[生]1903.12.16.
[没]1989.1. ハイデルベルク
ドイツのルター派神学者。マールブルクハイデルベルクゲッティンゲン各大学に学び,マールブルクおよびゲッティンゲン大学の講師を経て (1928) ,1945年以来引退までハイデルベルク大学の教会史および新約聖書学の教授であった。専門は古代教会史で,この分野に多くの著作がある。主著"Ambrosius von Mailand als Kirchenpolitiker" (29) ,"Die Idee des Martyriums in der alten Kirche" (36) ,"Kirchliches Amt und geistliche Vollmacht in den ersten drei Jahrhunderten" (53) ,"Die griechischen Kirchenväter" (55) ,"Die lateinischen Kirchenväter" (60) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カンペンハウゼンの関連キーワードAPEC[各個指定]芸能部門舟崎克彦スペースシャトル飛行記録日露戦争史(年表)レーザレーダ追突警報装置木島始ナショナル・センタードビュッシー井上光晴

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android