カーボン

精選版 日本国語大辞典「カーボン」の解説

カーボン

〘名〙 (carbon)
① 炭素。また、炭素棒。〔舶来語便覧(1912)〕
② カーボン写真に用いる印画紙。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「カーボンやプラチナ板に撮した自分の写真を」
③ 「カーボンし(━紙)」の略。〔新らしい言葉の字引(1918)〕
※古川ロッパ日記‐昭和一一年(1936)七月二一日「カーボンにペンを走らしてる大西・穂積を残して、二時に就床」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android