コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーリンポン Kālimpong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーリンポン
Kālimpong

インド北東部,ウェストベンガル州北端の町。避暑地。デオロ丘陵とドゥルビンダンナ丘陵の間の,標高 1200mの鞍部に位置。 15km西方のダージリンとは,ティスタ川上流部を渡る道路によって結ばれている。シッキム州を経て中国のチベットにいたるラバによる交易路の要地で,粗毛の取引が盛んであったが,1962年の中印国境紛争以来,国境は閉鎖されている。人口4万 845 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android